趣味戦線、今日も異常なし。

2次元のLと3次元のLの2足のわらじ。

2次元のオタクがEXILE THE SECONDのライブに参戦した話

f:id:MS_6450:20180414204035j:image

このブログをご存知の方もいると思うが改めて説明すると僕は典型的な2次元オタである。夏と冬には有明に赴き同人誌を買い漁ったり、推し声優のシングル積んだりすした。そんな自分がハイローをきっかけにLDH沼にドボンしかけて早10ヶ月。まさか、こうも早くEXILE THE SECONDのライブに行けるとは……。とりあえず言えることは

 

YABAかった

 

ということです。これ程、「終わって欲しくない……」ライブはありませんでした。とりあえずつらつらと感想を……。

 

 

本日のパーティー紹介

 

・姉

本公演複数回参戦している正当派fam。推しメンはSHOKICHIさん

 

・母

EXILEのライブには何回か行ってるが、SECONDは初めて。がんちゃんこと岩田剛典氏とハイタッチの経験がある。

 

・僕

ハイローからの新規勢。月曜日の通学中にGENE高を見るのが日課

 

以下の3人で参戦しました。

 

f:id:MS_6450:20180414204016j:image

会場着。

周りは全員女子。アウェー感が半端ない。さらにめちゃくちゃな人の数。コミケを彷彿とさせる人だかりでした。すると、我々に素敵なお出迎えが

f:id:MS_6450:20180414212233j:image

 

くまお&熊五郎!!

生で動くところを見るとめっちゃ可愛かった……。f:id:MS_6450:20180414212837j:image

 

物販の様子。何より驚いたのが混雑はしていたものの列がそんなに長くなく凄まじくスムーズだったこと。とりあえず、フラッグと当初買う予定が無かった、Tシャツを購入しました。現地マジック。(タオルは姉が3つ用意してくれました。ありがたや。)

 

 

さて、ここからはライブの感想になりますが、ここまで冷静に書いきましたが、恐らくここから文体がめっちゃ変わります。その辺何卒、ご了承ください………。

 

 

 

「Route6・6」のここがやばかった!

 

YABAIポイント①ステージ

EXILEのライブじゃよくあるセンターステージで、そこから花道……いや、ランウェイが伸びていて、さながら会場は

「世界一華やかな闘技場(コロッサス)」

このステージにおいて、死角は存在しません。

そこからメンバーが歩いてくるんですけど、スタンドから距離がそんなに無くてらめっちゃ近かった。多分6人全員と確実に目が合っている。いやマジで。それと、イケメン回転寿司は(こう書いて分かってくれるだろうか)やるし、煙はボーンって出るし、ライトはビカーッっ感じでした。あと、オープニングの衣装の色が赤、白、黒、青だったのでさながらヒーローショーに見えました。

 

YABAIポイント②楽曲

今回何が嬉しかったって「ASOBO!」をやってくれたことなんですよ。ハイロー上がりとしては。ハイローの曲やるのかなー?って半信半疑だったんですけど、イントロ聞いた瞬間前半戦だと、テンションが1番MAXでした。一族のライブは基本的に生バンドなんですけど、全ての曲がいつもと違うように聞こえました。コーラスがいるのも大きかった。CYH、GCという代表曲もめちゃくちゃ楽しかったし、(GCの途中中断もやってくれて(?)めちゃくちゃ笑った)「ChooChooTRAIN」、「Won't be long」のEXILEの代表曲もやって嬉しかった。今回初披露となったSHOKICHIさんのソロ曲「Underdog」は凄くキャッチーで、凄くかっこよくて、アニメの主題歌に使えるんじゃないかなってくらい。

 

YABAIポイント③演出

いや、まさか「PREMIUM TEQUILA」でモノホンのテキーラ(だよね?)が出てくるとは……「Shelly」のAKIRAさんはかっこよ過ぎた。タバコを燃えてるドラム缶にポイッってやった瞬間琥珀さんの影が見えた。パフォーマーのパートは前述のAKIRAさんみたいに全員に見せ場があって特に「Black or White」はその集大成みたいだった。

 

YABAIポイント④ 演者

実のことを言うと、これを1番伝えたいのです。あの……正直言って

みんな可愛かったです。

なんのこっちゃ分からんでしょ。いや自分もよく分からない。いやいや、めちゃめちゃかっこよかったんですよ。当たり前に。なんというか、ライブになるとみんな素が出るのかな、って感じで、SHOKICHIさんは仕草とかが可愛くて、NESMITHさんは皆のまとめ役だったし、ケンチさんはアカシアの匂いでざわつかせかけたし、TETSUYAさんは「愛知」と「愛媛」間違えるし、啓司さんは水ぶちまけるし、ヘラヘラするし、AKIRAさんは「世界のAKIRA」って言っちゃったり、「こら、黒木!」って言って啓司さん叱るし(なお、啓司さんの方が年上)もしかしたら、「Forever young at Heart」ってこういう事を言うのかも、なんて思ったり。

「SECONDの半数以上は天然」は真実でした。

 

ちょっと真面目な話をすると今回、凄いなって思ったのが「トラブル、アクシデントの対処」で、その対処が100点満点完璧だったのがすごい印象的でした。EXILEだってミスはするけど、それをポジティブな話題に転換するのは単純に凄いなって思ったし、(しかもごく普通に)普段からそういうライブ環境を作ってるアーティストさんの力を感じました。(当たり前かもしれないけど、何より失敗を責めないfamの方達も素晴らしい)

 

まだ書きたいこと色々あって、前半飛ばしすぎて後半声が出なくなったり、フラッグを落として、前段の人に迷惑かけちゃったりと、初めて参戦したライブでたくさんの思い出が出来ました。

 

とにかく最高でやばい、"神回"なライブでした!

 

 

 

 

 

 

 

P.S.ガチャで出たNESMITHさんのアイマスクはめでたく僕の所有物になりました。やったね。